読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「無銭飲食だけは、ききゃあせんど」

映画「県警対組織暴力」を観た。

ビデオで観た頃も含めると、何度目の鑑賞になるかわからない。観れば観るほどよくできた映画だと思う。(笠原和夫による脚本は特に)

監督は、この時期(1972年の「人斬り与太」シリーズから1976年の「やくざの墓場」あたりまで)神がかっていたとしか言いようがない深作欣二

※深作はこの間にテレビでも「必殺仕掛人」「傷だらけの天使」「影同心」などで印象深いエプソードも撮っていたのだから、この当時は超人的な仕事量である。

監督も油がのっていたが、俳優も主演の菅原文太から松方弘樹金子信雄、梅宮辰夫、川谷拓三など絶好調という感じである。

後に三代目水戸黄門となる佐野浅夫などがスパイスとして実によく効いていたのだな、と今回の鑑賞で改めて感じた。

食うという行為が実は隠れたテーマとなっており、序盤の屋台のシーンや松方弘樹が茶漬けを食うシーン、「米櫃荒らされて…」「闇米食ろうて…」といったセリフなど映画全

体の通奏低音となっていることがわかる。その序盤のコミカルなやりとりが実は伏線となっており、後半に意外な形で回収されるという笠原和夫の脚本は、さすが本人自身が

この映画は傑作、と自信を持って言っているだけのことはある。

仁義なき戦い」シリースもそうだが、深作欣二笠原和夫のコンビは肉体のアクションと言葉のアクションが混然一体となった魅力がある。

この映画での言葉のやり取りの生み出す生理的快感は、他の監督と脚本家のコンビでは再現できないものではないだろうか。

しかし、渡瀬恒彦の死を聞いたときも感じたが、この作品に出演した名優たちも、ほとんどが故人となった。

監督の深作も脚本の笠原もこの世にはいない。

現在の作り手たちに、このような作品が生み出せるのだろうか。