くりーむしちゅー有田哲平の教養番組

動画配信番組「有田と週間プロレスと」を観た。

動画配信番組は数多くあるが、個人的には現在もっとも楽しみな番組だ。

これまでも「アメトーーク」や「オールナイトニッポン」などでくりーむしちゅー有田のプロレス話は十分面白かったが、いつも出演者の人数が多かったり、時間的に制限があったため、もっと有田のプロレス話を聞きたい、と常々思っていたところに、有田一人が(アシスタントやゲストはいるが)ある週の週間プロレスについて存分に語る、というこの番組の企画は、ストライクゾーンど真ん中に来た、という感じだった。

ただアマゾンのレビューにもあるように、30分という時間の制限は短い。有田のハードスケジュールを考えればやむを得ないが、最低でも一時間は時間をとって欲しかった。この人と松村邦弘は泳がせるだけ泳がせて欲しい、と考えているのは私だけではないはずだ。

それでも、昭和から平成にかけて、様々なプロレスの試合やリング外のスキャンダルを、絶品の物まねも交えながら、縦横無尽に語る有田の語り芸はやはり素晴らしかった。

それ以前の「アメトーーク」で、ケンドーコバヤシなどとともに、プロレスが全くわからないであろう視聴者に向けて、面白くなおかつわかりやすく解説していたのを見事なものだ、と思うとともに、これは一種の教養番組だな、と考えていた。この「有田と週間プロレスと」にも同じ印象を持った。この番組はプロレスの教養番組なのである。

そのように週に一回の配信を楽しみにしていたのだが、第7回 「敵はまさかの「週刊プロレス」!?天龍、全日離脱事件!」の回は不満が残った。

この回は、いわゆるメガネースーパーのプロレス業界への参戦、それを当時ヒステリックなまでにバッシングした「週間プロレス」、そしてそのバッシングに屈する形での新団体SWSの崩壊、という話題だったのだが、有田は「週間プロレス」のSWSバッシングは、全日本プロレスへの浪花節的な同情であるかのように語っている。

現在、当時の「週間プロレス」が執拗にSWSバッシングをした理由は、プロレスファンには周知の事実である。

というのも当時の「週間プロレス」編集長ターザン山本こと山本隆司自身が、2010年に出した「金権編集長 ザンゲ録」で、SWSバッシングをジャイアント馬場から直接依頼され、裏金を全日本プロレスからもらった上、最終的にはメガネスーパー側からも口止め料を得ていたことなどを暴露しているからである。

有田ほどのプロレスファンが、こうした事実を知らなかったとは考えにくい。確かにこれは「週間プロレス」にとっても恥ずかしい歴史ということになり、番組が「週間プロレス」と提携している以上、言いにくかったのもわかるが、それでは何故この時期の「週間プロレス」を選んだのだろうか。

それでも今もっとも面白い番組だ、という感想に変わりはないが、それだけにこの第7回の腰の引け方は残念だった。